1. TOP
  2. 北京のマッサージ屋さん「東方大班」

北京のマッサージ屋さん「東方大班」

 2013/11/01 観光
この記事は約 3 分で読めます。 462 Views

お腹いっぱい食べたあとは、楽しみにしていたマッサージへ行くことにしました。日本だと設備が簡易なところでも10分1,000円ほどかかるマッサージ。今回訪れたところはその感覚からしたら本当に激安価格の店でした。

北京のマッサージ店「東方大班」

私達が選んだのはこれまたホテル近くのマンションにあった「東方大班」。足つぼマッサージ。なんと90分もの長時間メニューです。それなのに値段は日本円で2,500円ほどというから驚きです。通された部屋には座り心地の良さそうな大きな一人用ソファ。心地よいBGMが流れるオリエンタルな雰囲気で、高級エステルームにいるような感じです。施術着に着替えて待っていると大きな洗面器のようなものを持ったマッサージ師さんが入ってきて、まずはその容器に足を付ける足湯から。まだ旅の1日目で足の疲れは意識していなかったのですが、毎日シャワーばかりで身体全体が冷えていたのでしょうか、温かいお湯がとても気持ち良く感じられました。

足湯が終わればいよいよ施術。陰陽の考え方に基づいてということで女性の私達の施術をしてくれるのは全員男性のマッサージ師。年齢も20代前半といったところでしょうか。時々「指圧の強さはどうか」と訊きながら施術してくれます。同じ強さで押しているのにものすごく痛く感じる場所があれば、そのツボに関連する臓器などが弱っているとのこと。私は胃腸だと言われ、さっきの食べ過ぎがもう影響したのかとギクリとしました。

 しかし、室内に置いてあるメニュー表を見ると満腹感はどこかへ行ってしまいました。そこにはお茶やコーヒー、フルーツ、ラーメンなどが全部食べ放題との記載が! さすがにラーメンまでは入りませんでしたが、梨やスイカの盛り合わせ、コーヒーなどを注文し、食後のデザートと称していただきました。こんな食べ過ぎ状態でマッサージを受けるのは、果たして身体にいいのか悪いのか。

 足裏や指のマッサージが終わり、ふくらはぎのマッサージに移る頃には、少し度を越した満腹感とあまりの心地よさに眠りに落ちてしまった私達。最後は3人ともマッサージ師さんに起こされて目が覚めました。思いお腹とは裏腹に、膝から下は驚くほどの爽快感。「明日も来よう」と固く心に決めてお店を後にし、ホテルに戻りました。

\ SNSでシェアしよう! /

北京観光旅行記集の注目記事を受け取ろう

北京のマッサージ店「東方大班」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北京観光旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2010年8月北京旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 北京旅行での注意

  • 旅の最後は北京伝統料理 しゃぶしゃぶ(火鍋)屋さん

  • 什刹海エリアの池で見たもの

  • 南鑼鼓巷 北京

    レトロで新しいカフェストリート「南鑼鼓巷」

関連記事

  • 中国の世界遺産・頤和園

  • 王府井でお買いもの

  • 頤和園の前門

    清朝時代を再現した街・前門

  • パンダに会いに行こう!!

  • 夜市でお買いを楽しもう!

  • 万里の長城に行く前に