1. TOP
  2. 万里の長城を歩く

万里の長城を歩く

 2017/03/01 観光
この記事は約 2 分で読めます。 394 Views

今回の北京旅行で一番行ってよかった!と思ったのが、万里の長城。言わずと知れた世界遺産ですが、本で見るより言葉で聞くより、ずっと壮大で立派なものでした。万里の長城は非常に大きいですから、実際にはいくつか見どころポイントが分かれているそうです。私たちが行ったのは、観光客が最も多く訪れるとされる「八達嶺(はったつれい)」というところでした。

八達嶺で降ろされてからしばらく自由時間だったんですが、もちろん万里の長城を歩きました。八達嶺から進んで、ちょっとした高台(物見やぐらのようなところ)まで行くと一応ゴールになるみたいです。終点には絵画を書いて売ったり、キーホルダーをぶら下げたりと露天商のような人たちがチラホラ並んでいました。とは言え、ここにたどり着くまでが案外大変だったんです。

ひたすら石畳を歩くんですが、ずーっと緩やかな坂になってるんです。なので、イメージはもうちょっとした山登りです。そこから見える景色は美しく見応えがあるのですが、上る毎に体力が奪われていく…。坂だけならいいんですが、終盤は階段が続きます。その階段が、もう階段というレベルではなく“岩”なんですよね。50センチはあろう岩をガシガシ登っていかなければなりません。お年寄りではまず無理でしょう。私も手すりをつかんでやっと登れるような階段でした。でも日本だったら安全のために上りやすく補修してしまうんだろうなと思うと、岩のまま残してくれているのはやっぱり貴重ですよね。

\ SNSでシェアしよう! /

北京観光旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北京観光旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

こば

この人が書いた記事  記事一覧

  • 万里の長城を歩く

  • 中国旅行に持っていくべきもの

  • 鳥の巣スタジアム

  • 中国のパンダ

関連記事

  • 中国のパンダ

  • パンダに会いに行こう!!

  • 鳥の巣スタジアム

  • 王府井でお買いもの

  • 北京動物園でパンダを見ましょう

  • 頤和園の前門

    清朝時代を再現した街・前門