1. TOP
  2. 北京旅行での注意

北京旅行での注意

 2017/03/01 食事
この記事は約 2 分で読めます。 927 Views

同じアジア圏ということもあってか、北京市内では日本でもお馴染みのロゴやショップを見かける機会が多くあります。世界規模のマクドナルドやケンタッキー、スターバックスはもちろんですが、日本発祥の吉野屋やイオンなどを見つけると嬉しくなってしまいます。写真は、次の目的地に向かうバスから見えたもの。東京三菱UFJ銀行です。漢字が一緒のように見えて、ちょっとだけ違うのがなかなか面白いですよね。

そうそう、前述のケンタッキーですが宿泊していたホテルの隣にショップがあったので夜食をと立ち寄りました。そこでちょっとした問題が発生。ここのショップだけなのか、ファストフード全体に言えるのかどうかはわかりませんが、支払いの時に困ったことが起きたんです。

確かソフトクリームかハンバーガーを単品で購入したと思うんですが、支払を100元札でしたんです(100元札は紙幣の中で一番高額なもの)。日本でいう1万円を出した感じでしょうか。そうしたら、おつりを出されるのに結構な時間を要したんですよね。店の中の紙幣をかき集めているような雰囲気でした。ちょうど北京についたばかりで、日本で換金した100元札しか手元になかったのでこのような状況になってしまったのですが、余裕があるのならお金は崩して用意しておいた方がよさそうです。ちなみにメニューは全体的に、日本よりかなり安めでした。日本にはないメニューも多いので、せっかくなら北京ならではのバーガーに挑戦してみては?

\ SNSでシェアしよう! /

北京観光旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北京観光旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

2010年8月北京旅行

この人が書いた記事  記事一覧

  • 北京旅行での注意

  • 旅の最後は北京伝統料理 しゃぶしゃぶ(火鍋)屋さん

  • 什刹海エリアの池で見たもの

  • 南鑼鼓巷 北京

    レトロで新しいカフェストリート「南鑼鼓巷」

関連記事

  • 小籠包の有名店「鼎泰豊」で美食三昧

  • 旅の最後は北京伝統料理 しゃぶしゃぶ(火鍋)屋さん

  • 触れてみよう食文化

  • 北京のレストラン「小王府」

  • 中国旅行に持っていくべきもの