1. TOP
  2. 万里の長城に行く前に

万里の長城に行く前に

 2017/02/16 観光
この記事は約 3 分で読めます。 446 Views

八達嶺長城は、北京市街から一番近い長城で、観光客の人気スポットです。
そして、現地の中国人にとっても憧れであり特別な場所でも有ります。
その昔、毛沢東が「不到長城、非好漢(八達嶺に来ない者は男ではない)」と有名な台詞を言われた場所でもあるからです。
その為か、入場入り口のチケット売り場では長蛇の列で、人で溢れかえってます。

そんな大変の思いをして見る八達嶺長城は、凄いの一言です。
北京で色々な場所を巡るたびに、建物の大きさや、面積の広さに驚かされてきましたが、万里の長城は格別でした。
自然に呑み込まれること無く、どこまでも、どこまでも城壁が続いてゆく景色は「凄い」としか言えないのです。
実際に長城を歩いてみると、道の傾斜が激しく、歩くのが困難です。もはや歩くというより登る感じでした。
それでも、実際に長城の壁に手を触れ、歴史の一ページに触れられたのは良い経験でした。

因みに、万里の長城を観光する場合は、個人では行くのが難しい為に、個人でオプショナルツアーに申し込むか、最初から団体ツアーでコースに盛り込まれているパターンだと思います。
そして、たいてい万里の長城とセットで明の十三陵(明の時代の皇帝のお墓)も一緒に巡るのと思います。

私は、明の十三陵は、観光のおまけだと思って、下調べもせずに参加していたので、現地について初めて皇帝のお墓に来たことを理解しました。
もう少し、勉強してから来たらもっと楽しめたのに‥‥と後悔。

しかし、それでも十分面白く、ひたすら地下に潜り棺を見たり、皇帝が座った椅子にお金を投げたり(日本のお賽銭と似た感覚です)しました。
ガイドさんの説明で、どのような経緯でこのお墓が建てられたのか。どうして「十三」なのか。他にも色々と勉強にもなりますし、やはり、どの建物も印象的なので面白いです。

最後に、観光に行かれるならアドバイスを一つ。
北京郊外にあるので、風が強く寒いです。
私が行ったのは10月ですが、風が冷たく本当に寒かったです。夏場でも長袖のジャケットを着込んだ方が良いくらいです。
防寒対策はしっかりとしてから観光することをオススメします!!

\ SNSでシェアしよう! /

北京観光旅行記集の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

北京観光旅行記集の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

なつのみかん

この人が書いた記事  記事一覧

  • 楽しい旅行を最後まで楽しむ為に

  • 北京旅行で必要だと思ったもの

  • 北京でのインターネットと携帯電話事情

  • 北京の交通事情 車編

関連記事

  • 北京観光旅行 世界遺産など

  • 中国のパンダ

  • 北京のオススメ観光場所 故宮・紫禁城

  • 中国の世界遺産・頤和園

  • 鳥の巣スタジアム

  • 世界第二位の迫力 巨大な天井スクリーン